かわいくて広いN-BOXの評判はどうなの?

1967年に発売されたN360から40数年たった2011年にNのキーワードを継承するべく、Nシリーズ第一弾として発表されたN-BOX。

ホンダ初の軽自動車のトールワゴンとして開発されたN-BOXはその名の通り非常に広々としたつくり。

従来後部座席の下に備え付けられていた燃料タンクを中央に移動したり、エンジンルームを小型化したりと様々な工夫を施し、軽自動車で最も広いと言われるレイアウトを実現している。

現在はN-BOX +、N-BOX SLASHも登場。Nシリーズでは、2012年にゼストの後継車となるN-ONE、2013年にライフの後継車となるN-WGNが販売されている。

N-BOXの価格相場

現在のN-BOXの中古車相場は、初代(2011年12月~2017年9月)が70万~155万、2代目(2017年9月~)は180万前後となっている。N-BOXカスタムは+15万円ほど。

N-BOXの口コミ

今回はホンダのライフからN-BOXに乗り換えたコケッコさん(40代/女性)の口コミをご紹介したいと思います。コケッコさんが魅力を感じているのはやはりその広さ!

N-BOXを購入した理由は?

この車の前にホンダのライフに乗っていました。軽自動車の購入を考えていて、他社の軽自動車も試乗したのですが、N-BOXの内装の雰囲気がライフと同じで乗っていて落ち着きました。また、家族も皆ホンダ車に乗っているので、ホンダの軽自動車を選びました。車にクロスバイクを積んで出かけたいという希望があったので、広い空間のN-BOXにしました。

N-BOXの乗り心地や購入してよかった点は?

運転席からの視界が広くて運転しやすいです。スライドドアのため、子どもが隣の車にぶつける心配もなく安心です。軽自動車ですがとても乗り心地が良く、助手席、後部座席ともに男性でもゆったりと座ることができます。後部座席を倒すと車内の空間がとても広くなるので、仮眠をとったりすることができて、荷物もたくさん載せることができます。28インチの自転車も、そのまま載せることができました。子供の着替えもできるので助かっています。

美しいSUV!ホンダCR-Vの乗り心地を調査

日本では惜しまれながら2016年に販売が終了したホンダCR-V。しかしまだまだ中古車市場では人気の車種。

CR-Vは乗用車、ミニバン、SUVのいいとこをギュッと集めたような機能性、乗り心地を実現し非常に贅沢なSUVです。

最終型となる4代目CR-Vは「空気抵抗に徹底的にこだわったデザイン」ということで前項の低い丸みを帯びた優美で優雅なスタイリング。そのため、走りやすさはもちろんながら燃費性能も非常に向上しました。

海外向けに発売となった5代目CR-Vは、従来の2.4L直噴 i-VTECエンジンと合わせ、1.5L直噴ターボエンジンがグレード設定されたこともあり話題となりました。

CR-Vの価格相場

現在の中古車相場では、4代目(2011年12月~2016年8月)が100万~250万、3代目(2006年10月~2011年12月)は75万~100万、2代目(2001年9月~2006年10月)は20万~85万、初代は15万~50万ほどで販売されている。

CR-Vの口コミ

それでは実際にCR-Vを購入した方の口コミをご紹介したいと思います。今回協力していただいたのは現在もCR-Vに乗るメイさん(女性/20代)です。

CR-Vを購入した理由は?

初めて買う車だったので、新車で購入する気はありませんでした。せめて形だけでもカッコいい車を買いたくて探していたら今乗っているCR-Vにたどり着きました。
あとは、荷物もたくさん乗せれるし、試乗させてもらった感じで運転しやすかったのと、割と車高がありますが、前が見えにくい感じもなく、フィーリングがあったので決めました。

CR-Vの乗り心地や購入してよかった点は?

良かった点は、購入を決めた点と同じになりますが、車高がある割に前が見やすく運転しやすかった事です。
他の車も乗って見ましたが、背が低いせいか前が見えづらい車が多かったように感じます。
やはり、見栄えが良いのも購入して良かった点の1つでもあります。セダンのような車や、あとはハイブリットの車も検討していましたが、この車はスマートだし色も黒にしたのでカッコ良く見えます。
エンジン音もガタガタうるさくないし、荷物がたくさん詰めるのも良かった点です。
車を使ってよく旅行に行くのでそこはありがたいです。